【立教大学在籍 受験メンター】八島加奈さん / AO入試で分からないことがあればお任せください!

【立教大学在籍 受験メンター】八島加奈さん

今回はメンターズリンクにて「受験メンター」として活躍しておられる八島加奈さんへのインタビューを紹介します。八島加奈さんは立教大学(異文化コミュニケーション学部)へ通われています。ぜひメンター選びの参考にしていただければと思います。

お話を聞いてみたい!相談してみたい!という方も多いのではないでしょうか?

受験メンター 八島加奈さんの詳細はこちら

メンターズリンクは、「適切なメンターとの出会いによって、あなたの人生をより良くする」をコンセプトにしたオンライン相談サイトです。

受験メンター 八島加奈さん

AO入試で分からないことがあればお任せください!

八島加奈さんの得意分野

  • AO入試全般
  • 英語

インタビュー

【受験メンター八島さんの自己紹介】

――簡単に八島さんについてお教えいただけますでしょうか?

高校二年生の時にカナダに一年間語学留学していました。現地の私立高校で日本人たった一人という環境の中、マイナス25度の中を数分歩くとまつげが凍ったり、クリスマス前日に停電が起き暖房なしで生活したりしていました(笑)

趣味は音楽鑑賞(ロックから電子音楽、雅楽まで)と食べることです!今はもうやっていませんが、中高生時代はベースギターと雅楽を演奏していました。特に近頃のアイドルはビジュアルだけではなく曲も良いものが増えてきているので注目しています。誰がかわいいとかは全然分からないんですけどね!(笑)

最近ハマっている食べ物は油そばです。地元福岡には油そばを出すお店はほとんどなかったので、上京してお腹いっぱい油そばを食べています(笑)あとは居酒屋に行ってポテトサラダを食べると幸せを感じます。絶対に外せない一品です!

人生観は「どんな問題にも解決策はある」です。簡単に言うと「人生なんとかなる」ですね(笑)私は行き当たりばったりで行動することが多く、小さなピンチから大きなピンチまで経験してきました。「もうだめだ、どうにもならない」という時こそ、色んな人に相談したり自分が出来る最大限の行動をしたりすれば絶対に人生なんとかなります!(笑)自分が想像していたゴールとは違う方向に進んだとしても、それには必ず意味があり、自分が進むべき道なんだと考えています。

【メンターについて】

――メンターというものについて、どうお考えでしょうか?

家族や友人らにどうしても相談できない時ってなぜかあるじゃないですか。私は特に夢や目標を身近な人に相談するのが苦手でいつも溜め込んでしまい、一人で実行に移してしまうことが多くて周りの人を困らせてしまうんです(笑)

メンターとは、そういった溜め込んでいる悩みを身近な人間でないから客観的に聞けるし、その悩みと同じような経験をしているからこそ現実味のあるアドバイスが出来る存在なのではないかなと考えています。

【矢島さんの人生の岐路】

――あなたの人生において、いままで岐路はありましたか?

高校二年生の時に経験した一年留学でした。もともと英語は好きだったのですが、学校で受ける英語の授業が嫌いだったのと反抗期でいますぐ親元から離れてやる!という精神で留学に行きました(笑)

今思えば、両親もメンタル的に子供だった私に厳しい修行を与えたような気分だったと思います(笑)留学といえば英語を勉強するイメージが強いですが、実際は文化も習慣も言葉も違う国で生活することは想像以上に大変でした。留学を通して、私の人生観「どんな問題にも解決策はある」は築かれたと思います。

――その岐路をどうやって乗り越えたのですか?

私しか日本人がいない高校に通っていたので、先生や友達に言いたいことを伝えようとしてもなかなか伝わらず、課題の内容を勘違いしたり愛想をつかされたりすることがしょっちゅうありました。自分の無力さに絶望し、トイレにこもって泣き続けたこともあります。

そんな時に、いつも留学のことでお世話になっていた方から「完璧じゃなくていいんだよ。この経験はいつか笑い話に出来る日がくるから、大丈夫。」という言葉をいただきとても心が救われました。

それからは、日本で出来る笑い話のネタを増やそう!と気分が吹っ切れましたし、かなりポジティブになれました。完璧なもの(留学生活)なんてない、まぁなんとかなる、という精神は留学でお世話になった方の一言がなければ一生持てなかったと思います。

――その岐路で選んだ道は正しかったと思いますか?

一つの道(英語がペラペラ話せる留学生活)しか見えなかった私に、その道をいい意味で諦める(留学での失敗を日本での笑い話にする)ことで別の道が見えてくることを教わりました。そしてそれは間違いなく正しかったし、今の生活にもそのアドバイスは活きています。

受験期では、「第一志望に合格できなくても、私はなんとかなる。大丈夫。」と心のどこかで自分を信じ続けたから辛い期間を乗り越えられたと思っています。私のような完璧主義は模試で志望校のB判定を取っただけでこの世の地獄のような気分になるので(笑)、「これで人生終わりじゃないんだ」と自分に言い聞かせることでかなり落ち着きました。

【メンターとして・・・】

――メンターとしてどのようなことが提供できますか?

AO受験や留学など他の人があまりしていないことを多く経験しているので、これらを活かせるようなメンターになれればいいなと考えています。IELTS、TOEFL、TOEICの英語試験などの勉強法、受験英語はもちろん、スピーキングなどの「使える」英語を勉強する方法も提供していきたいです。

最後に、私が一番好きな言葉を残します。
”It seems impossible until it’s done”!

――ありがとうございました。

メンターズリンクであなたのメンターをさがそう!

メンターズリンクでは、あなたにとって重要なあらゆる悩みを専門のメンターからアドバイスしてもらえます。プロや成功者からアドバイスをもらうだけで、あなたの人生は180度変わるかもしれません。

人生を後悔しないために、そして成功するために、メンターズリンクはあなたをお手伝いします!

詳細は下記メンターズリンクのウェブサイトをご覧ください。

メンターズリンク
【立教大学在籍 受験メンター】八島加奈さん