【東京慈恵会医科大学在籍 受験メンター】トージさん「自分の経験からアドバイスします!」

東京慈恵会医科大学在籍 受験メンター トージさん

今回はメンターズリンクにて「受験メンター」として活躍しておられるトージさんへのインタビューを紹介します。トージさんは東京慈恵医科大学へ通われています。ぜひメンター選びの参考にしていただければと思います。

メンターズリンクは、「適切なメンターとの出会いによって、あなたの人生をより良くする」をコンセプトにしたオンライン相談サイトです。

受験メンター トージさん

自分の経験を通して受験のアドバイスをします!

得意分野

  • 医学部受験について
  • 塾や家庭教師の利用について
  • 勉強法について

インタビュー

――簡単にトージさんのご経歴をお教えいただけますでしょうか?

県立浦和高校を卒業し、東京慈恵会医科大学に在籍しています。

趣味はバレーボールとピアノ、あとは海外で一人旅することです。

人生観というような大層なものはまだ全然持ち合わせてはいませんが、この先どんなことが起こっても行くところに行きつくものだと思うので、悲観的にならずポジティブにいようと思っています。

――メンターというものについて、どうお考えでしょうか?

メンターは、自分の決断に自信をつけさせてくれる存在だと考えています。

人生をより良いものにするためには、後悔のない選択をする必要があると思います。その選択の助けとなる存在がいれば、人生をより良いものにできるのではないのでしょうか。

――あなたの人生において、いままで岐路はありましたか?

大学受験を終え、国立大学と私立大学に受かり、進学先をどの大学にするか決めたときです。

受験前までは、国立大学に受かったらお金の面で国立大学に進もうと考えていましたが、決断の時が迫ってくると、大学生活のことや将来のことを考え、悩んだ結果、私立医学部に入学したことです。

――その岐路をどうやって乗り越えたのですか?

様々な人に相談しました。両親や兄、祖父母、予備校の担任、知り合いの医者、医学部の知り合いなど、あらゆる人脈を使って相談しました。

やはり、医学部に在籍または卒業した方の生の声はとても役に立ちました。

――その岐路で選んだ道は正しかったと思いますか?

それはわかりません。もしかしたら異なる決断を下した方がよかったのかもしれません。

しかし、将来のことを考え、様々な人に相談し悩んだ結果なので、後悔はしていませんし、自信をもってこの選択をしてよかったと言えます。

――あなたの愛読書や何度も見た好きな映画があれば教えてください。

「若手医師のためのキャリアパス論」(書籍)・・・幸せな未来をつかむためには、どのような準備をし、どのような心構えでいた方がいいのかを教えてくれました。

「about time」(映画)・・・題名の通り、時間に関して考えさせられる映画でした。

――メンターとしてどのようなことが提供できますか?

大学受験に関して、勉強方法や塾・家庭教師の利用について、志望校や進学先の選択、また受験生のお子さんに対する接し方など、受験に関する相談を自分の経験を通してアドバイスなどできればと思います。

――ありがとうございました。

メンターズリンクであなたのメンターをさがそう!

メンターズリンクでは、あなたにとって重要なあらゆる悩みを専門のメンターからアドバイスしてもらえます。プロや成功者からアドバイスをもらうだけで、あなたの人生は180度変わるかもしれません。

人生を後悔しないために、そして成功するために、メンターズリンクはあなたをお手伝いします!

詳細は下記メンターズリンクのウェブサイトをご覧ください。

メンターズリンク
東京慈恵会医科大学在籍 受験メンター トージさん