「メンター」とは?今話題のキーワードを徹底解説!

メンターとは?

「メンター」とは?「メンタリング」とは?

p155-1

[引用] http://www.cs.uni.edu

最近、「メンター」という言葉をよく耳にします。

「ビジネスの成功にはメンターが必要だ!」そういうフレーズも当たり前のように使われています。

ところが、そもそも「メンター」とは何なのでしょうか。また、「メンタリング」とはどういうものなのでしょうか。

メンターの語源

国際メンターリング&コーチングセンターによると、メンターは、ギリシア神話上の戦争であるトロイア戦争後のオデェッセウス(Odysseus)王の流浪を歌ったホメロス (Homer)の叙述詩『オデュッセイア(The Odyssey)』の登場人物である「メントール(Mentor)」という男性の名前に語源があるといわれています。

メントール

このメントールという男性は、オデュッセウス王のかつての僚友であり、王の息子テレマコス(Telemakhos)の教育を託された賢者でした。メントールは王の息子にとり、良き指導者、良き理解者、良き支援者としての役割を果たした人物のことです。

メンターとメンティー

この由来に基づき、メントールが、英語では、メンター(Mentor)と言われるようになったと言われています。また、メンターの対の言葉として、被支援者という意味の「メンティー(Mentee)」という言葉が用いられています。

例えば、メンターがビジネスの成功者だとすると、メンティーはその成功者から指導・支援を受けて成長していく人といった具合です。

ギリシャ神話では、メントールは王の息子にとっての良き指導者、良き理解者、良き支援者としての役割を果たした人物として伝えられています。

そして、帝王学や人を導き、指導・支援するスキルが語り継がれて、現代ではメンタリング※と言われるようになってきたのです。

※メンタリング(Mentoring)は、MentalやMentalityとは、語源的には関連性がありません。

メンターに資格は必要?

それでは、メンターになるには、何か資格が必要なのでしょうか。

メンティーを良い方向に導く

そもそもメンターとは、未経験者を、経験者として、指導・支援する役割ですので、必要な分野に関し、ある程度の経験が求められます。

しかし、最初から、すべての知識と経験が備わっている人は限られているために、メンタリングを進める過程で、これを補っていくのが一般的です。 重要なのは、知識だけではなく、メンティーの支援者として、良き話し相手として、気づきを与え続け、やる気を引き出せるかどうかにあります。

メンタリングの定義

メンタリングは、本来、自己流や従来のやり方を押し付けるのではなく、メンターは、必要に応じて、お手本(ロール・モデル)を示します。

メンティーがそれを参考に、状況に適応させて、問題解決や目標達成までを自らが創造できるのをメンターが支援していくことが、メンタリングです。

また、メンター自身も大きな気づきを得ることがあり、多くの学びや発見があるのです。

1人のメンティーには多くのメンターがいても良い

次に一度、メンティーの立場に立って考えてみましょう。

いざ、「メンターを探す」となると、少し腰を引いてしまう人がいます。それは、メンターという言葉に対して、人生の師匠というイメージを持ってしまっているからかもしれません。

しかし、実際はもっと気楽に考えれば良いのです。なぜなら、メンターは1人である必要がないからです。大勢いてよいのです。

複数のメンターをもつことで精度の高い学びを得ることが可能

多かれ少なかれ、メンターの意見はあなたの人生を左右するかもしれません。だからこそ、1人に絞ってしまうと、可能性が狭まったり、もしメンターが間違ったアドバイスをした場合、メンティーの人生も誤った方向に進んでしまったりする可能性があります。

そのため、メンターは多数いる方がリスクが少なくなり、あらゆる方向から様々な意見を聞き、自分なりに吸収していけば、非常に精度の高い学びを得ることが出来るのです。

「20世紀最高の経営者」に選ばれたジャック・ウェルチ氏も多数のメンターを推奨

p155-2

[引用] http://humanevents.com/

フォーチュン誌で「20世紀最高の経営者」に選ばれたことのある元GEのCEO、ジャック・ウェルチ氏もこう言っています。

「メンターを一人に限定しない!多数いた方が成長が繋がる!」

「本当に大切なメンターは30分しか時間の取れないような有名人じゃない。あなたの働く会社の偉い重役さんで、あなたのために隔週で一時間ずつとってくれる人でもない。そうであってもいいのだけれど、その場合には「他にも多くのメンターがいる」という条件がつく。仕事をしていく上で出会うすべての人、あなたの知らないことを知っているすべての人たちに何らかの形でメンターになってほしいと考えるべきだ。」

メンターは大きく3つに分類される

それでは、実際にメンターを探す上で、一度、あなたの周りの人たちにメンターと呼べる人がいるかどうかを尋ねてみてください。そうすると、「いる」と答える人の中には、故人や歴史上の人物をあげる人がいます。はたして、そういう人たちもメンターと呼べるのでしょうか。

ハーバードビジネスレビューの「Guide to getting the mentoring you need」によると、メンターは大きく分けて3つに分けられるといっています。

1 co-mentor(コメンター)

ます、1つ目はco-mentor(コメンター)と呼ばれるメンターです。仲間、同僚、友達など、あなたがその人を必要としているのと同様に、相手もあなたを必要としている人たちのことです。

ここには上下関係がなく、基本的に同等な立場で、お互いにスキルや知識を求めます。
そして、それぞれが目標に達したら、この関係は解消されるのが通常です。

人々はそれぞれに何か特化して学びたいものがある時、相手を探し、お互いにco-mentoringする傾向があります。 例えば、ソフトウエアのプログラミングの習得に対して、一方は外国語を上手く話せるようになりたいというような関係です。

2 Remote mentor(リモート・メンター)

2つ目はRemote mentor(リモート・メンター)と呼ばれるメンターです。このメンターは、あなたの組織の外側にいて、新鮮で客観的なアドバイスをおくる人です。時には、身内や関係者よりも完全に外側にいる人からアイデアをもらう方がベストだったりするのです。

リモート・メンターは、家族や友達である可能性もありますが、年配の大学教授や、違う会社の人、違う業界の人、はたまた、見知らぬ人の方が向いています。

3 Invisible mentor(インビジブル・メンター

3つ目はInvisible mentor(インビジブル・メンター)と呼ばれるメンターです。あなたがほとんど、もしくは全く直接的な触れ合いが無いなかで、学びを得られる人のことを言います。つまり、あなたとは個人的な人間関係ではないけれども、あなたの成長に重要な人のことです。

そのため、インビジブル・メンターは、すでに故人であってもなり得るのです。また、あなたに本を通して呼びかける著者かもしれません。歴史的上の人物もあり得ます。

例えば、ミュージシャンで俳優の武田鉄矢氏やソフトバンクのCEOである孫正義氏は歴史上の人物、坂本龍馬をインビジブル・メンターとしていることは有名な話です。

メンティーにとって、メンターを探す時、インビジブル・メンターを見つけることはそう難しくないかもしれません。当著者も言っていますが、本屋や図書館に行って、興味のありそうな書籍を片っ端から集めて読み、自分に足りない知識を得られたり、非常に興味が湧いたりする時は、全てインビジブル・メンターになり得るからです。

リモート・メンターは探すのが困難…でも難しく考える必要はありません

それに対し、探すのが最も困難なのは、リモート・メンターかもしれません。ただし、そんなに難しく考える必要はなく、悩みを抱えた時、その答えを解決してもらえそうな専門家を探して、相談すれば良いのです。前述したように、メンターは一人である必要はありません。まずは相談し、沢山のメンターからそれぞれのアドバイスを聞いて、最終的に自分で判断すれば良いのです。

是非、あなたも、積極的にメンターを探し、様々な意見を聞いてみてください。そうすることで、あなたの人生は180度変わるかもしれません。

あなたのメンター探しを「メンターズリンク」はお手伝いします!

メンターズリンク

出典

http://www.cs.uni.edu
http://humanevents.com/

メンターとは?