「ジェフ・ベゾス」世界最大のECサイトAmazonの創設者のメンターとは?

p127-1

[引用] http://www.cnbc.com/

Amazonの創設者のジェフ・ベゾス氏

世界最大のECサイト「Amazon.com」

今や「アマゾン」と聞いて、ほとんどの人が、南米のジャルグルではなく、世界最大のECサイト「Amazon.com」を思い浮かべるのではないでしょうか?

既に私たちにとって、Amazonの存在は生活に欠かすことができなくなってきています。
移り変わりの早い電子機器を扱うことが苦手な年配層でさえも、Amazonは確実に生活に密着してきているのです。

持ち運びが大変な大型の電化製品から、絶版された貴重な書籍まで、クリックするだけでなんでも手に入れることが出来るなんて、ほんのひと昔前には想像できなかったでしょう。

そのような夢のサービスを実現したAmazonの創設者であり、CEOであるのが、ジェフ・ベゾス氏(Jeffrey Bezos)です。

ベゾス氏は、幼少の頃から科学に関心を示し、自宅の車庫を実験室に改良し、多くの発明に挑戦してきました。高校に入学後、今度はコンピュータに興味を持ち始め、物理学を専攻するためにプリンストン大学へ進学し、計算機科学と電気工学を専攻しました。そして、大学を卒業すると、ウォールストリートの金融機関のIT部門にて、トレーディング・システムの構築に従事したのです。

1994年、インターネット書店「Amazon.com」を創立

ところが、1994年、World Wide Web の利用率が急激に増加していることに気付いたべゾス氏は突然会社を退社し、夫婦でワシントン州シアトルに移住しました。eコマース事業の将来的に胸ときめかせ、インターネット書店を開業、Amazon.comを創立したのです。

2年後の1997年には株式公開、タイム誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーにも選出

それからの事業スピードは比類のない早さで、2年後の1997年には株式公開を果たし、
べゾス氏はタイム誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーに選出されました。

べゾス氏に最も大きな影響を与えたと言われるメンター、ビル・キャンベル氏

p127-2

[引用] http://www.techspot.com/

ビル・キャンベル氏はスティーブ・ジョブス氏のメンターでもあった

このべゾス氏に最も大きな影響を与えたと言われるのがメンターのビル・キャンベル氏です。ご存知のように、同氏はスティーブ・ジョブス氏のメンターでもありました。

スティーブ・ジョブス氏のメンターについてはこちらでも紹介しています。
https://mentors-link.com/blog/post-17/

キャンベル氏は自らについてメディアに語ることはほとんどありませんでしたが、影響を与えた多くの人から「コーチ」というニックネームで、愛され、崇拝されていました。

キャンベル氏はシリコンバレーを代表する企業の成長に多大な貢献

キャンベル氏は幅広い分野のリーダーたちに助言を与えましたが、特にシリコンバレーを代表する企業の成長に多大な貢献を果たしたことで有名です。

キャンベル氏はインタビューでこう語っています。
「私は変革を起こすようなことは何もしていない。私はマーク・アンドリーセンのような優れたビジョンを持っているわけではない。私は単なるオペレーション屋に過ぎず、会社のあるべき姿や、経営者がどのように組織を作るべきかをアドバイスしているだけだ」と。

また、自分の役回りをディズニーキャラクターに例え、「ジミニー・クリケットのようなものだ」と表現したこともあります。ジミニー・クリケットとは「ピノキオ」に登場し、「常に良心に従いなさい」とピノキオをさとすコオロギのことです。

ジェフ・ベゾス氏による母校・プリンストン大学の卒業式でのスピーチ -メンターの大切さ-

こうして、キャンベル氏のコーチングによってAmazonを大企業へと成長させたベゾス氏は、母校・プリンストン大学の卒業式でのスピーチを依頼されました。

そこで、ベゾス氏は卒業生に向けてこう語っています。

「皆さんにお話したいのは、才能と選択の違いについてです。賢さは生まれ持った才能ですが、やさしさは選択です。生まれ持った才能とは、言ってしまえば与えられたものなので努力を要しません。その反面、選択をするということ、これは難しいことなのです。気を付けなければ、才能は私達を傲慢にします。そして自分の才能にうぬぼれると正しい選択をすることが出来なくなります。」

つまり、才能がある人はその能力にうぬぼれて正しい選択が出来なくなりがちであるため、自己の経験からも、第三者の意見、つまりメンターの大切さを説いているのです。

べゾス氏のマッケンジー夫人もメンターのひとり

[引用] http://www.huffingtonpost.com/

そういう点からいうと、べゾス氏のマッケンジー夫人もメンターのひとりだと言えるでしょう。

べゾス氏はこのスピーチの中でこう言っています。

「Amazonのアイデアが浮かんだのは16年前のことです。当時の統計で、インターネット利用率が毎年2300%増加しているということを知ったのです。そこまで急成長を遂げるビジネスの話は見たことも聞いたこともありませんでした。オンラインで本屋をやろう!そしてそこで世界中の出版物を提供できるようにしよう!オンラインだからこそ可能な超大規模な本屋をつくってやろう!この考えに私はとてもわくわくしました。31歳になったばかり、結婚して一年が経った頃でした。私は妻のマッケンジーにこう言いました、『仕事を辞めて、このアイデアに挑戦したいんだ。クレイジーかもしれない。他の多くのスタートアップが失敗しているように、僕も失敗するかもしれない。まったく先が見えないんだけれど、どう思う?』。

それに対し、マッケンジーはこう言いました。『やってみたらいいと思うわ!』」と。

身近な人がメンターとして存在しているのも、多くの成功者に共通して見られる傾向

マッケンジー夫人のこの一言がなければ、べゾス氏はアマゾンを創設していないかもしれません。身近であり、かつ現実的、さらにべゾス氏の性格を知り尽くしているからこそ、たったひと言で的を射た助言を行い、べゾス氏もそれに応えたのです。

このように、非常に身近な人がメンターとして存在しているのも、多くの成功者に共通して見られる傾向です。

あなたが何を選ぶか、あなたが下す決断が「あなた」を作っていく

さらにべゾス氏はこう語り続けました。

「Amazonを始める前はニューヨークにある金融機関で働いていました。たくさんのスマートな人々と共に仕事をし、尊敬する素晴らしいボスにも恵まれました。ある日、そのボスのところへ行って、「インターネットで本を売る会社を立ち上げたいんです!」と言いました。

ボスは私をとても長い散歩に連れ出しました。セントラルパークを随分歩いた後、彼はついにこう切り出しました。「ものすごくいいアイディアだね!でもそれは君の仕事を捨ててまでやるべきことなのかな?仕事に就けない人にとってはビッグチャンスだと思うけど。
今君はものすごくいい仕事に就いていると思わないかい?」

彼の言うことももっともだと思いました。

更に彼は最終決断を下す前に48時間だけもう一度よく考えてみるべきだと言い、私は彼のアドバイスに従いました。安泰を取るか挑戦するか、とても難しい決断でした。

しかし最終的に私は挑戦することに決めました。挑戦した結果失敗したとしても後悔はしないだろうと思ったのです。それよりも、ここでやってみなければ一生後悔するだろうことは確実でした。色々考えた結果、私は安全ではない道を選びました。

そしてこの道を選んで本当によかったと思っています。

(中略)

皆さんは自分の才能をどんな風に使いますか?
これからの人生でどんな選択をしていくのでしょうか?
何もせずぼーっと人生を生きるのか、それとも自分の好きなことを追及していくのか?
皆と同じでいるか、それとも他の誰とも似ていないオリジナルでいるか?
安定を選ぶか、それとも挑戦し続けるか?
批判されたら落ち込むか、それとも自分を信じるか?
間違いを犯したらそれを隠そうとするか、それとも謝るか?
恋をする。傷つくことを怖がって何もしないでただ見ているだけか、それとも思い切って行動に移すか?
安定を取るか、それとも「バカじゃないのか?」と思われるようなことをやってみるか?
困難な状況に陥ったら、そこで諦めるか?それともがむしゃらになってやるか?
言い訳や批判ばかりするのか、それともやってみるか?
他の人を蹴落としてまで賢くなるか、それともやさしくなるか?

80歳になったあなたが、あなたの過去を振り返るとしましょう。その時に一番心に残っていること、思い出すことは、あなたが下してきた決断の数々であると私は信じています。あなたが何を選ぶか、あなたが下す決断が「あなた」を作っていきます。だから、あなただけの道を切り開いて下さい。

以上がべゾス氏のスピーチです。

べゾス氏は優れたメンターでもある

べゾス氏は優れたメンターたちのおかげで成長してきました。そして、このスピーチは、今度はべゾス氏自身が、優れたメンターとなって、未来ある若者たちに語り、良き方向に導いていることを表しているのです。

出典

http://www.cnbc.com/
http://www.techspot.com/
http://www.huffingtonpost.com/

出典母校・プリンストン大学の卒業式でのスピーチ
http://logmi.jp/

p127-1